東京アートポイント計画

お知らせ

10年かけた文化事業、それぞれの知見をひらく。(2020年度の刊行物紹介)

▲各刊行物から抜き出した言葉をデザインしたパッケージ。

アーツカウンシル東京が展開する「東京アートポイント計画」「Tokyo Art Research Lab」「Art Support Tohoku-Tokyo」の各事業では、毎年様々な冊子や刊行物を制作しています。
2020年度は、「10年」をひとつのキーワードにして書籍を制作しました。事業開始から10年を迎えた「TERATOTERA」「小金井アートフル・アクション!」、法人設立から10年が経つ「谷中のおかって」など、積み重ねてきた実践から見えてきたことをぎゅっと綴っています。

2020年度に制作した刊行物を、記されたことばとともに、3回シリーズでご紹介していきます。

詳細はこちら